男医と検査器具

強迫性障害はHIV検査で蕁麻疹の心配を取除ける

HIVとは、後天性免疫不全症候群の事です。80年代に話題となった恐ろしい感染症の疾患で、HIVウィルス感染によって免疫を低下させる病気です。生命にかかわる重大な感染病で、他の人々に感染します。性行為や血液の輸血によって、ウィルス感染を生じる感染原因があります。アフリカ大陸では、現在も多数の感染キャリアが存在します。日本では、輸血によって多数の感染者を出した医療事故が記憶に新しい出来事です。HIVの初期症状は、風邪に似た症状があります。倦怠感や発熱、蕁麻疹の様な発疹の初期症状です。突然に体の皮膚に蕁麻疹が生じた時にHIVではないかと心配する人がいます。そんな時には、医療機関の専門皮膚科に蕁麻疹受診を行う事です。またHIV検査を行う必要がありますが、人によっては脅迫障害に陥る人がいます。強迫性障害とは、頭では違うとわかっても悪い方向に考えずにはいられない精神障害の病気です。妄想と強迫感のある行動をとる傾向にあります。手を何度も伝染病予防に不必要に手洗いする人がいます。これが強迫性障害の症状で、必要以上に強迫観念が強い症状です。蕁麻疹によってHIVを感染したと考えたり、思い当たる感染原因がなくても心配になる為にHIV検査を行ったりします。それでも心配して何もしないよりは、HIV検査で強迫性障害の要因をなくす事も必要です。HIV検査は、簡単に行う事が出来ます。個人情報を守る守秘義務は、蕁麻疹で心配な症状に対応が可能です。しかし強迫性障害によって行う場合には、専門の医療機関への受診が必要です。発熱や風邪に症状になった時には、心当たりのある人はHIV検査を行う事が望ましい社会健康衛生状況があります。