男医と検査器具

HIV検査で陽性反応での断食療法とコンジローマ

HIV検査では、HIVウイルスに感染しているか否かを調査する検査ですが、スクリーニング検査から始まり確認検査へと二段階で構成される検査です。スクリーニング検査で陽性反応が出て、確認検査でも陽性反応が出るとHIVウイルスに感染していると判明する流れになります。

ただHIV検査によって陽性反応が出て、間違いなくエイズに進展するかといわれると必ずしもそうではない実情があります。それは個人差があり、遺伝子などの強弱によっては症状が現れにくい場合もあるのです。

しかも現代の医療技術も発展して、HIVウイルスを管理することが出来る時代にもなったので総ての人がエイズになる訳でなく、死刑宣告に近いものでもありません。また断食療法は断食をすることにより、遺伝子レベルまで働きかけ、病気に関係する遺伝子を抑制、補完したりすることで治療するという療法でエイズなどの難病治療にも効果が期待されます。

断食療法による治療法は、断食によって眠っている遺伝子のパワーを最大限引き出そうとする試みで、それを実践することで難病予防や難病治療に応用できる画期的な治療法となります。一方、性病の種類の中には、エイズのように感染したのが目視で確認できないタイプと目視で確認できる性病が存在します。

目視で確認できる性病の一つにコンジローマという病気があり、これもHPVというウイルスを原因として発生します。見た目としては白っぽいイボ状のものが増えていき、明らかに異常だと理解できる形となります。

性器などの小さい傷がついた場所からHPVが侵入して感染し、主に性交時の感染が多くなります。実際にはレーザー、凍結、電気焼却などの方法が存在し、物理的に切り離す手術で治療を行ないます。

コンジローマはウイルスが残っている場合は再発する可能性もあり、ひどい場合は癌化されるので一定期間は追跡検査を行う必要があります。