男医と検査器具

HIV検査でいきなりエイズを防ごう

エイズと聞いて、主に同性愛者や複数の異性と性的接触があった場合にのみかかる病気であると誤解されがちですが、誰でもエイズになりうる可能性があります。
HIVウィルスは潜伏期間が長く、5~10年は無症状の為、発症までに長い時間がかかります。
その為、感染しながら長年治療をせず放置し、数年後症状があらわれてから感染していた事に気付くいきなりエイズの数が増えているのです。
その多くはエイズという病気に対しての誤解や知られる事が恥ずかしいなどの理由が原因で受けていないのですが、病気や検査に対する正しい知識を持つ事で発症を未然に防ぐことが出来ます。
症状が出てからでは遅いので定期的に検査を受けておく事が必要となります。
HIV検査は主に保健所等の医療機関で受けるものと自宅にキットを取り寄せて受けるものがあります。
やり方としては採血してそれを検査するという点は同じです。
保健所など直接赴いて受けるものであれば、医師に直接面談する事ができ、色々なアドバイスを受ける事が出来ます。
もちろんHIV検査を受けた事や、仮に陽性反応が出た場合でも秘密が外に漏れる事はありません。
自宅で受けるものは医療機関などから郵送でキットを取り寄せ、採血したサンプルを発送し、後日書面やネットなどで検査結果を確認することが出来ます。
対面で検査を行わないので、検査をするのはやはり恥ずかしいという方でも気軽に受ける事が出来るメリットがあります。
ただし、検査機関の精度がまちまちであったり、時に正しい結果が出ない場合があるので、機会を見て医療機関で直接検査を受ける事が必要です。
現在ではHIVウィルスの増殖を抑え、発症を防ぐ事はそれほど難しくない時代になっています。
エイズで死なない為には早期発見が重要なので、どんな人でも検査を受けるという事が大切です。

HIV検査はどこで出来るの?

HIV 検査は各保健所でできます。無料ですし、終始匿名で扱われます。住所も電話番号も聞かれません。
伝達手段がないので、結果を聞くため後日保健所に行きます。
そのため合計2回、保健所に足を運ぶことになります。
保健所の職員や他の受検者たちと顔を合わせたくない場合は、遠くの保健所で検査を受けることもできます。予約は電話でおこないます。
番号非通知でもかまいませんし、公衆電話からでもOKです。
そこで予約日時と、名前の代わりとなる番号が伝えられます。
その後予約日時の変更をする場合なども、常にこの番号を伝えることになります。
検査方法は血液検査となります。腕から少量の血液を採取します。健康診断でおこなわれる血液採取と同じです。
健康診断では、自分の血液の入った容器には自分の名前が記されますが、その検査は匿名ですので電話予約の際に知らされた番号が記されます。
血液の採取も、その前におこなわれる問診も、個室で職員と受検者の二人だけでおこなわれます。
感染の有無を検査されるのは、HIV、梅毒、肝炎などです。
肝炎の検査のために来ている人もたくさんいます。また、医療機関での注射針や、胃カメラ・大腸検査での器具、歯医者の根幹治療などでの感染を心配して来ている場合もあります。
検査結果は後日、同じ保健所にて知らされます。その際も個室で職員と二人きりの状態となります。プライバシーは完全に守られます。
近頃はよく、企業や公的機関によるインターネットへの情報流出が取りざたされていますが、保健所側は、住所も名前も電話番号も知らず、情報自体を持たないため、流出の心配もまったくありません。
この制度があるうちに、ぜひとも検査を受けておくべきです。

HIV検査をするタイミングも重要?

HIVに感染したとしても、ほとんどの方は無症状のまま5~10年の時が過ぎていきます。
ほんの一部の方だけ、インフルエンザのような初期症状が現れる事もありますが、よほど感染を気にしていない限り、初期症状だと気付く事はありません。
自分は絶対に感染しないと不安行為があっても頑なにHIV検査を受けない人も多いですが、逆に少し気になる事があるとHIVの事ばかりが気になって何も手につかなくなってしまう人もいます。
モヤモヤした気持ちを解消するにはHIV検査を受ける事が一番の解決策なのですが、問題は受けるタイミングです。
そもそもHIV検査とはHIVの抗体の有無を調べる検査になります。
通常血液中にHIV抗体が出来るのは4~8週間と言われており、保健所などでは不安行為から2か月後、または余裕を持って3か月後に検査を推奨している所が多いです。
ただ最近不安行為があり、それからは心配でたまらない、3ヶ月も待つ事など出来ないと感じる人もいます。
こういった場合は1か月後に検査を受けてみても良いかもしれません。
完全に陰性とは断定できませんが、1ヶ月の時点で陰性と出ているなら感染の可能性は低いと考えられています。
何度も病院や保健所には行きにくいという方は、自宅でHIV検査が受けられる検査キットもあります。自分で採血を行い、それを検査専門機関に送り返すだけで後は結果が知らされるようになっています。
もしその時点で陰性という結果が得られたなら精神状態も少し安定し、その2か月後に保健所などで再度HIV検査を受けると安心出来ます。
また抗体検査よりも最短で検査を受ける方法としてNAT検査というものがあります。
少し費用はかかりますが、不安行為から11日で検査可能となるため、心配でたまらない人はこの検査を受けてみても良いかもしれません。

■HIV検査で陽性だった場合、すぐにジスロマックを服用しましょう
ジスロマック 通販